ヘルスケア情報ブログ » ケイ素ウォーター » 

ケイ素はコラーゲンの作用をサポート。ケイ素不足では爪が割れやすくなります

読了までの目安時間:約 4分

ケイ素はコラーゲンの作用をサポート。

ケイ素は爪や髪、皮膚など人間の体を構成する必須栄養素で、主に体の組織をつなげるコラーゲンの作用をサポートしています。

ケイ素の効果:コラーゲンの再生

 

そのため、ケイ素不足になると、これらの組織を繋げる力が弱くなりますので、爪が割れたり、骨折しやすくなる、抜け毛が増えるといった現象を引き起こすのです。超濃縮ケイ素PF等で定期的に摂取するのがおすすめです。

 

また毛細血管の主成分でもあるため、ケイ素不足になると体の隅々まで栄養を届けられなくなったり、老廃物を処理しにくくなったりしますので他の病気の原因にもなるのです。

 

このようなことから、ケイ素不足は体にとって悪影響を及ぼすものであることが分かるはずです。

そこでケイ素不足であるかどうかを判断するためにも、日ごろから確認しておきたいのが爪の状態です。

 

ケイ素 爪が割れる

先述したようにケイ素不足になるとコラーゲンの作用が弱まることから爪が割れやすくなるのですが、体の末端部分ということから考えても、ケイ素不足で毛細血管の働きが弱まり、栄養が爪にまで行き届かなくなって割れやすい状態となるのです。

 

 

このようなことから、ケイ素不足は爪に悪影響ですので、もしも、すぐに割れる、何度も割れるといった症状を感じた時にはケイ素が不足していると考えて改善していかなければいけないのです。

 

超濃縮ケイ素PFについてのネット上での口コミ・評判・レビュー

最近の投稿
カテゴリー